CEFR VERSANT 英検

CEFR(セファール)とは?VERSANT(バーサント)や英検との関係も含めて解説する!

皆様は最近VERSANT(VERSANT)と言う英語の資格試験が世界中で、急激に認知度を上げて来ていることをご存知ですか?

英検やTOEIC(トーイック)とは異なり、リスニングとスピーキングの能力を包括的に測る資格で、外資系企業をはじめとするグローバル企業の入社時などに徐々に参考にされつつあります。

試験会場に行く必要もなく、自宅で簡単にスマホから受験ができることの手軽も人気の一つです。

VERSANT(バーサント)については、下記記事にて詳しく解説しておりますので、併せてお読みください。

 

難しいと評判の英語テストバーサント(VERSANT)とは!?ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)受講中の私が解説する!

続きを見る

 

今回はこのVERSANT(バーサント)のスコアの基準にCEFR(セファール)について書いて行こうと思います。

 

CEFR(セファール)とは

 

CEFR(セファール)とは、「外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠(Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment)」を指します。

 

外国語としての英語の運用能力を、言語の枠や国境を越えて同一のクライテリアで計測することができる国際的な指標の一つです。

実はその歴史は意外と長く、長きに渡る研究と実証実験の結果、2001年に欧州評議会(Council of Europe)により公開されました。

現在では英語だけでなく、38言語で3章枠が提供され、外国語教育の現場で活用されています。

国際的に認知されている資格であることからも、海外就職の時にも使える資格になっています。

 

CEFR(セファール)の各グレードの概要

CEFR(セファール)には、大きく分けて6つの等級があります。

A1が一番低く、C2が一番高いです。

A1/A2レベルは「基礎段階の言語使用者」、B1/B2レベルは「自立した言語使用者」、C1/C2レベルは「熟達した言語使用者」であると定義されています。

 

従来日本の英語教育では、文法の知識た語彙の多さなど、「何を知っているかを高く評価する傾向がありました。

一方CEFR(セファール)は「その知識を使って何ができるのか」と言う視点から言語の能力を評価するのです。

そのため、CEFR(セファール)では知識量と運用の両方の技能をバランスよく計測できるため、就職や留学など指標の役立っているのです。

また、一般的にCEFR(セファール)でレベルを一つあげるには、ちゃんとした指導者の元で約200時間学習する必要があると言われています。

 

段階 CEFR 能力レベル別に「何ができるか」を示した熟達度一覧
熟達した言語使用者 C2 聞いたり読んだりした、ほぼ全てのものを容易に理解することができる。

いろいろな話し言葉や書き言葉から得た情報をまとめ、根拠も論点も一貫した方法で再構築できる。

自然に、流暢かつ正確に自己表現ができる。

C1 いろいろな種類の高度な内容のかなり長い文章を理解して、含意を把握できる。

言葉を探しているという印象を与えずに、流暢に、また自然に自己表現ができる。

社会生活を営むため、また学問上や職業上の目的で、言葉を柔軟かつ効果的に用いることができる。

複雑な話題について明確で、しっかりとした構成の詳細な文章を作ることができる。

自立した言語使用者 B2 自分の専門分野の技術的な議論も含めて、抽象的な話題でも具体的な話題でも、複雑な文章の主要な内容を理解できる。

母語話者とはお互いに緊張しないで普通にやり取りができるくらい流暢かつ自然である。

幅広い話題について、明確で詳細な文章を作ることができる。

B1 仕事、学校、娯楽などで普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば、主要な点を理解できる。

その言葉が話されている地域にいるときに起こりそうな、たいていの事態に対処することができる。

身近な話題や個人的に関心のある話題について、筋の通った簡単な文章を作ることができる。

基礎段階の言語使用者 C2 ごく基本的な個人情報や家族情報、買い物、地元の地理、仕事など、直接的関係がある領域に関しては、文やよく使われる表現が理解できる。

簡単で日常的な範囲なら、身近で日常の事柄について、単純で直接的な情報交換に応じることができる。

C1 具体的な欲求を満足させるための、よく使われる日常的表現と基本的な言い回しは理解し、用いることができる。

自分や他人を紹介することができ、住んでいるところや、誰と知り合いであるか、持ち物などの個人的情報について、質問をしたり、答えたりすることができる。

もし、相手がゆっくり、はっきりと話して、助けが得られるならば、簡単なやり取りをすることができる。

(※ブリティッシュ・カウンシル ウェブサイトより抜粋)

 

なぜ最近CEFR(セファール)は注目度を上げているのか

CEFR(セファール)は2000年代初頭にリリースされて以降、世界中の語学教育に多大な影響を与えて来ました。

CEFR(セファール)の発祥の欧州では、多くの教育期間が既にカリキュラムにCEFR(セファール)を取り入れています。

例を挙げると「このプログラムの目的は、全生徒の第二言語レベルをワンランク上げることである。」ような形で使われます。

CEFR(セファール)が評価されている点は、「どの程度その言語ができるか?」を定量的にレベル分けできることです。

そのため、とても客観的で実用性の高い指標として評価されているのです。

EU内は人の移動がかなり自由ですので、他国での就業・就学などに際し、「私はスペイン語はA2ですが、イタリア語はC1」と言ったような感じで地震の語学レベルを申告して使います。

日本でも、日本語版が2004年に発表されて以来、英語教育の指標として高校や大学でしようされるようになりました。

2012年にはNHKが、英語の各講座のレベルをCEFR(セファール)に対応した6つのレベルに再構成しました。

また、国内最大の英語資格試験である、実用英語技能検定(所謂、英検です。)もCEFR(セファール)に対応したスコア(英検CSEスコアと名称で呼ばれています。)を導入し、2016年から本格運用しています。

また、2021年には、大学入試に民間の英語資格や試験を利用できるような大学入試改革が予定されており、人体された資格は全てCEFR(セファール)に置き換えられて比較されます。

最近グローバル化は更に加速する一方です。

今後英語のスキルを定量的に測るCEFR(セファール)の需要は更に高まっていくのではないでしょうか?

 

CEFR(セファール)英検と関係

英検では、各級の合格者がCEFR(セファール)換算したら、どれくらいのレベルを取得するのかの目安を持っています。

以下がそれを示した表になります。

 

A1 A2 B1 B2 C1 C2
1級
準1級
2級
準2級
3級

 

当然ですが全ての英語資格・検定試験には、独自の採点基準や配点があります。

そのため、別の試験の受験者同士を比較し、ご学力の優劣を判定したいとき、スコアの絶対値を比べても意味が全くありません。

このため相対的に合格者がどの程度英語ができるかの物差しとしてCEFR(セファール)を導入するのです。

※例えばよくTOEICと英検は比べられますが、両者をCEFR(セファール)換算することで、同じ物差しで英語力を測ることが出来ます。

 

また、英語資格・検定試験には、認知値度はや実施している国にかなり違います。

例えば、英検は日本ではかなり有名ですが、海外での認知度はそれほど殆ど認知されていません。

そのため、海外で自分の英語力を定量的に伝えたい場合は、「英検◯◯級です」と言うのではなく、「私は英検◯◯級と言う資格を持っていてそれはCEFRの◯◯レベルに相当します。」と言ったほうが遥かに伝わりやすいでしょう。

 

まとめ

如何だったでしょう?

今回は世界共通の語学力の尺度であるCEFR(セファール)について書かせて頂きました。

まとめるとCEFR(セファール)には以下の特徴があると言えます。

 

  • 全世界共通のヨーロッパ言語共通参照枠
  • バーサント(VERSANT)も採用している
  • 6つレベルで評価され、一番上のC2がネイティブレベル
  • 近年、日本でも英語力の基準として採用され始め、大学入試への導入も近い

ちなみに筆者が英語学習しているAMIちゃんが実際にVERZANTを受講して、リアルなスコア結果がCEFR(セファール)で出ている記事は下記になります。

是非併せてお読みください。

 

英語 学習 社会人 TOEIC
ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の口コミや評判の信憑性は!?実際に通っている私が解説する!

続きを見る

おわりに

30歳を超えてから独学で英会話を身につけた記者と、現在社会人をしながら英語学習を継続中の記者、2人の視点から見た英語スクールを

  • 結果のコミットメント
  • 講師やカウンセラーの質
  • 学習メソッド
  • 価格
  • 通いやすさ

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-CEFR, VERSANT, 英検

© 2021 エイゴデ Powered by AFFINGER5