英文法基礎

英語の副詞とは?副詞句と副詞節を使って解説する!

Hello there!

ハワイに住んでいる英語学習マニアのMissyです。

30歳から英語学習の面白さに目覚めて、今でも英語学習を継続しています。

独学であったこともあり、かなり遠回りした経験を活かし、是非皆さまには効力よく英語学習して欲しいと思い、日々英語学習に関する記事を書いています。

今回は英文法の「副詞句」と「副詞節」について書かせて頂こうと思います。

英語を話せるようになるには、英文法の知識が何より大切であることは過去にも記事させて頂いております。

 

英語の名詞とは!?名詞句と名詞節を使って解説する!

続きを見る

 

英語の形容詞とは?形容詞句と形容詞節を使って解説する。

続きを見る

 

英語の副詞とは?

最初に英語における副詞の概念から確認しましょう。

副詞とは、ある言葉や文章を修飾する役割を持つ言葉、名詞以外の品詞を修飾します。

例えば「quickly(素早く)」や「then(その時)」などがあります。

また、副詞は英語でadverbと言うのですが、ad(加える)+verb(動詞)が合わさった言葉で、その語源からも役割が想像できると思います。

加えて副詞には、「無くても文章が完成する」と言う少し悲しい特徴があります。

例えば <I was sleeping then>と言う英語は副詞<then>が無くても文章が完成します。

 

英語の副詞句とは?

「句」とは、2つ以上の単語がくっついた単語の集合体で、かつその中に文法的な主語・述語の関係を含まないものを指します。

「前置詞+名詞」や「to不定詞(副詞的用法)」等は、文法上のS(主語)とV(述語)を含まないので副詞句になります。

例えば <I live in Japan.>と言う文章はS(主語)は< I >で、V(述語)の<live>は自動詞ですので、SとVだけで文章が完結する第一文型になり、<in Japan>は「前置詞+名詞」の副詞句になります。

 

副詞句の使い方

副詞句には大きく分けて以下の4つの使い方があります。

4つの使い方

1.前置詞+副詞句→文頭、文尾で動詞を修飾

2.時や条件を表す副詞句→文頭、文尾で動詞を修飾

3.不定詞の副詞的用法→V(動詞)とは目的と手段の関係

4.分詞構文→文頭、文中、文尾で動詞を修飾

順に以下の例文を用いて解説して行きましょう。

 

1. Within the time you must do your best.

2. Last winter I went to Korea.

3. I will take the train to save an expense.

4. Seen from a distance, the rock looks like a cake.

5. Several troubles happened, causing many problems.

 

 

前置詞+副詞句→文頭、文尾で動詞を修飾

1. Within the time you must do your best.

和訳:その時間の中であなたはベストを尽くさないといけない。

 

<Within>は前置詞です。そのため<Within>から副詞句が始まり、「句」にはS(主語)は不要ですから<you>の前の<best>で終わり、V(動詞)の<must do>を修飾します。

前置詞は文頭で「副詞句」を作る働きをして、後ろの動詞を修飾します。

 

時の副詞句→文頭、文尾で動詞を修飾

2. Last winter I went to Korea.

和訳:昨年の冬、私は韓国に行った。

 

<Last winter>は時を表す副詞句、文頭(文尾からも可能)からV(動詞)の<went>を修飾します。

 

不定詞の副詞的用法→V(動詞)とは目的と手段の関係

3. I will take the train to save an expense.

和訳:費用を節約するために私は電車に乗ることにする。

 

<to save>は不定詞の副詞的用法で、V(動詞)の<take>を修飾します。

不定詞の副詞的用法では、文頭や文尾で動詞を修飾します。

<to save money>「お金を節約するため」と言う目的のために、<take the train>「電車に乗る」という手段を取ります。

 

分詞構文→文頭、文中、文尾で動詞を修飾

4. Seen from a distance, the rock looks like a cake.

和訳:遠くから見ると、その岩はケーキのように見える。

 

<seen>は過去分詞で、分詞構文として副詞句を作り、V(動詞)の<look>を修飾します。

文頭の分詞構文は①時「ーして(すると)」or②理由「ーなので」と訳します。

 

5. Several troubles happened, causing many problems.

和訳:たくさんのトラブルが生じたので、複数の問題が生じた。

 

<causing>は現在分詞で、副詞句を作ります。

文尾の分詞構文は、「そしてー(しながら)」と訳します。

 

英語の副詞節とは?

「節」は、2つ以上の単語がまとまりになっており、副詞句との違いはその中にS(主語)とV(動詞)があることです。

時を示す「when節」、条件を示す 「if節」、原因・理由を示す「because節」、目的や結果を示す「that節」等は、S(主語)、V(動詞)を含むので、いずれも「副詞節」になります。

 

副詞節の使い方

2つの使い方

1.文頭の副詞節→動詞を修飾

2.文尾の副詞節→動詞を修飾

順に以下の例文を用いて解説して行きましょう。

 

1.While I like the taste of the food, I don't like its smell.

2.Unless you run faster, you will be late for the class.

3.He was absent because he got injured.

4.I'll wait until you come back.

 

全ての文章に接続詞が作るS(主語)+V(動詞)のある副詞の集合体である「副詞句」が隠れています。

そして、文頭or文尾から動詞を修飾します。

 

文頭の副詞節→動詞を修飾

1.While I like the taste of the food, I don't like its smell.

和訳:その食べ物の味は好きだけど、匂いが嫌い。

 

接続詞である<While>から<food>までが副詞節になり、V(動詞)の<don't like>を修飾します。

※<While>には「している間」と言う意味と、「だけども」と言う譲歩の意味がありますが、譲歩の方が多く使われます。

 

2.Unless you run faster, you will be late for the class.

和訳:速く走らないと、クラスに遅れる。

 

接続詞である<unless>から<faster>までが副詞節になり、V(動詞)の<won't be>を修飾します。

 

文尾の副詞節→動詞を修飾

3.He was absent because he got injured.

和訳:彼は怪我をしたので、欠席していた。

 

<because>は接続詞で、<injured>までが副詞節になり、V(動詞)の<was>を修飾します。

 

4.I'll wait until you come back.

和訳:君が帰ってくるまで待っている。

 

<untill>は接続詞で、<back>までが副詞節になり、V(動詞の<wait>を修飾します。

 

時や条件を表す副詞節

副詞はそれ自体は文の要素とはならないのですが、他人と差別するための、英語力向上と言う意味において重要です。

そのため、ネイティブがよく使う代表的なものを纏めましたので、是非ご覧になって下さい。

英語 日本語
Every time S+V する時はいつも
The minute S+V すると直ぐに
The instant S+V すると直ぐに
Until S+V までずっと
Unless S+V でない限り
Suppose S+V もしS+Vなら
Providing S+V もしS+Vなら
Given S+V もしS+Vなら
Granted S+V もしS+Vなら

 

まとめ

今回は英語の「副詞」について書かせて頂きましたが、如何だったでしょうか?

この記事で皆様に是非覚えて頂きたいことは以下になります。

①副詞は名詞以外を修飾する。

②副詞句は文のカタマリ(SとVは無い)で動詞を修飾する。

②副詞節は文のカタマリ(SとVがある)で動詞を修飾する。

 

個人的には「副詞」をうまく使いこなせると一気に英語力が向上すると思うよ!是非皆んなもこれを読んで勉強して見てね!

 

これからも英語の文法のTIPSを発信して行きますので、楽しみにしていて下さい!

やはり英語は文法上、日本語とは大きく違うため、体系的に目的を持って学ばないといけないと思っています。

体系的に英語学習するのに適した英語スクールを下記に纏めていますので、是非ご覧になって下さい!

それでは皆さま、今日もHAVE A NICE DAY!

おわりに

30歳を超えてから独学で英会話を身につけた記者と、現在社会人をしながら英語学習を継続中の記者、2人の視点から見た英語スクールを

  • 結果のコミットメント
  • 講師やカウンセラーの質
  • 学習メソッド
  • 価格
  • 通いやすさ

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-英文法基礎

© 2021 エイゴデ Powered by AFFINGER5