使える英熟語

【語彙/ボキャビル】最近よくビジネス出る英単語/英語表現【English Phrases】

english vocaburaly 英語 単語 英単語 語彙

世界中がずーっとこの話題をもう1年以上もやっていますね。

筆者は世界中のニュースをAbe○○TVのようにチラチラ見てますが、

どこもかしこも新型…の話ばかり出てきますね。

 

当然、何回も何回も同じ単語が出てきます。

勿論レアな単語もあれば、基礎~必修~応用レベルまで色々あります。

 

ここまで日常生活に浸透してしまったら、雑談や

試験か何かで出てきても不思議はないですね。

 

今回は語彙やフレーズを多く含めた位と思います。

しょっちゅう、時折脱線しながら英単語・英熟語自体を軽くDigりたいと思います。

 

新型コロナウィルス関連 英単語・英熟語フレーズ集 初級編

COVID ~制限系  str-の語幹

 

Covid-19(コゥビッd  ナインティーン)

外国ではCOVID( Corona Virus Disease)とよく略されます。

単語の最後の子音はほとんど発音されません。

 

 

・restrict (リストゥクト):~を制限する

・strict(ストクト):厳しい

 

“Str-“が「締め付ける」が語源なので、

『しばりつける』・『ルール』と関連しています。

 

そう。あの「String:ストリング」です。糸。

Stress(ストレス)、ストレッチ(stretch)の単語とも語源は同じです。

 

最後に。海外の地名で「~ District」というのを

聞いたことがありませんか?

 

アメリカの首都ワシントンは、アメリカ政府の直轄地です。

別名「コロンビア特別区」と呼ばれています。

ワシントンD.C.(District of Colombia)の”D”です。

 

連邦制は日本に住んでいると想像しにくいですが、

東京都(知事)ではなく、内閣総理大臣が

「日本国(政府)直轄地」として統治しているような感じです。

他にも様々な派生形がありますが、本筋がずれるので自重します。

 

密です 緊急事態宣言 →オーストラリア発音集(コラム)

・crowed places(areas): 密集地域

 

・a state of emergency:  緊急事態

 

・Stateには、「国・州」の他に「状態」という意味がありますよね。

 

※オーストラリア英語では、[ei]の発音が[ai]のように聞こえる事が多いです。

The United Statesが 「the Unitedスイツ」。

Campaign[キャンイン] nation「イション」place「プイス」など。

 

法則がわかれば、音のつながりはアメリカに近いため、

TOEICでも聞きやすいはずです。

天気予報とかはオーストラリア英語に慣れるのにおススメです。

Rainy dayが「ライニーダイ」って聞こえますよ。

 

・declare 宣言する→declaration:宣言

・The declaration of war 宣戦布告

 

・State of being *** (***な)身体の状態

・state of well-being 健康

・state of being calm 落ち着いた状態

 

・Lockdown(ックダウン)

発音が文頭の方にきます。

“o”の発音が、イギリス英語だと「」、

アメリカ英語だと「ラァ」に近いです。Hotが代表的ですね。

 

マスク着用 陽性陰性 →Yes/No以外の答え方(無線用語)

・wear a mask: マスクをつける

 

wearは便利な動詞ですね。

眼鏡をかける際も wear glassesといいます。

 

・mandatory 義務的な

動詞の形はmandateです。

めったにでないけどスペル記憶の為。

 

Wearing mask is mandatory here.

(ここではマスク着用が義務付けられています)

 

アメリカだと、音がリンキングして「マダトリィ」「マナトリ」

と発音されたりします。

 

・Positive/negative 陽性/陰性

 

Negativeはパイロット/管制官/軍隊での「いいえ」にも使われます。

反対の「はい。」はAffirmative (アファーマティブ)。

Yes/Noの聞き間違いを防ぐためですね。

 

話は若干変わりますが、

航空/軍事の中では9 (nine)をniner(ナイナー)

読むことがあります。正確な伝達が主旨です。

 

4月を「よんがつ」というのと同じ理屈ですね。

 

興味がある人はNATOフォネティックコードで

ググってみてください。

 

「You copy ?」「Roger(ラジャー)」「(話し声)、Over」…

洋画の無線通信でよくある場面ですね。

「ウィルコ」とか「タリホー」とか言ってるやつです。

 

タリホーはもともと狩猟で「目標発見!」だったんですが、

転じて「目視確認した」の意味になりました。

 

「I copy that」…トップガンのセリフにありますね。

とあるゲームでの「アイコピー!」の元ネタです。

 

・Healthcare worker 医療従事者

・prevent infection 感染を予防(防止)する

・measure 対策

 

 

新型コロナ関連 フレーズ・英単語 中級編 借用語とはなんぞや?

ニュースでよく出てくるコロナ系英語一覧

 

・self-isolation 自主隔離

Isolateの名詞形です。

オーストラリア英語だと、informationgがインフォマイションと聞こえるのと同じく、

アイソライションって聞こえがちです。

[ei]→[ai]の音変化、イギリスでも一部見られますが、基本的には

オーストラリアで顕著です。

 

 

self-関係は主に自分の心に関する英単語が多いですね。

・self-esteem:自尊心

・self-control:自制心

・self-motivated:自発的な

 

・Spike/surge 上昇する

減少するは「shrink」「sank」「drop」などが使われることがあります。

 

increase/decrease以外にも様々な上下関係の動詞はあります。

グラフ問題、数字問題で数の上下は答えに直結しているので、

覚えておいて損はありません。

 

・vaccine (ヴァクスィン)

・vaccination (ヴァクスィネーション)

 

ワクチンです。※発音・アクセント共に注意のやつです。

-tionの前にアクセントがきます。

attention, combination, information, attractionなど。

 

実はこの –tionで出来る単語元々は純粋な英語ではありません。

フランスの血が入ってます。

 

英語にも「kamikaze」「tsunami」と日本産の英語がありますよね。

気になる方は「英語 借用語」でググってください。

 

 

quarantine(クアランティーン)

検疫です。簡単に言えば空港内での身体検査です。

 

outbreak (爆発的な発生)

ブワッと唐突に起こる感じです。ネガティブな単語に使われます。

 

 

on the frontline 最前線の

Those who are on the frontline… など

今は医療従事者に対しての文脈で

使われることが多いです。

 

おまけ 上級編 英検1級とかで出るやつ

 

curfew:外出禁止令

 

ventilator: 人工呼吸器

アメリカの速い発音だと

「ベナレラ」みたいにに聴こえる謎単語です。

よくトランプさんやバイデンさんが医療の文脈で使ってました。

 

mutation: 突然変異

ウィルスの突然変異とかに使われます。

今はインド株が流行っていますね・・・

 

Contagious 感染する(接触を伴うニュアンス)

Infectiousと違い、「接触によって」感染するという意味です。

マラリアはinfectiousですが、人から人に映るものはcontagious

 

Airborne infection 空気感染(飛沫感染)

良くないニュースの見出し BBCとかで見てみよう

Death toll 死者の数

ニュースでめちゃくちゃ出てきます。ネガティブな単語です。

「Death Toll has risen …」

死者がどんどん増えているニュースにほぼ例外なくあります。

 

Epicenter (地震の震央)→転じて、よくない事の中心地

 

語彙力はいつでも身につけられる

 

英語のボキャブラリーは、日本語と一緒で、

「学生時代しか覚えられない」というわけでは全く有りません。

 

むしろ、社会に出てからの方が英語と触れる期間は多い世の中になっています。

Podcast、 Youtube、資格勉強、その他いろいろなアンテナから語彙を吸収しちゃいましょう。

回り回って自分の役に立ちます。オススメはスキマ時間でのアプリです。英語に触れたもの勝ち。

英語が話せるようになりたい人必見のアプリ15選!英会話を隙間時間に実践(初心者・中級者向けスピーキングなどトーク力強化がメイン)

続きを見る

 

 

 

おわりに

30歳を超えてから独学で英会話を身につけた記者と、現在社会人をしながら英語学習を継続中の記者、2人の視点から見た英語スクールを

  • 結果のコミットメント
  • 講師やカウンセラーの質
  • 学習メソッド
  • 価格
  • 通いやすさ

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-使える英熟語

© 2021 エイゴデ Powered by AFFINGER5