英会話上達のコツ

結局どうすれば英語は話せるようになるの?純ジャパで英会話を独学で体得した私が徹底解説する!

今でこそ英語圏に在住し、日常会話はもちろんのこと、ビジネスでも英語を問題なく話せるようになった筆者ですが、英語学習の開始当初はなかなか話せるようにならず、失敗の連続でした。

 

色々な学習方法を試し、様々な教材やサービスにお金を突っ込んでしまった結果、投資額はゆうに100万円を超過してしまいました。笑

 

投資した商品やサービスの中には有益と思えるものもあれば、金をドブに捨ててしまったと言わざるを得ないものもあります。

 

払ってしまったお金は諦めるとして、惜しかったと感じるのは、遠回りしたために費やした「時間」そのものです。

 

もっと効率的に英語学習を行い、早く英語が話せるようになっていれば、転職のタイミングや海外移住のスピードを上げることができたと、今でも悔やんでいます。

 

この記事を読んでいるあなたには同様の失敗はして欲しくない、そんな思いでこの記事を書いています。

 

この記事があなたの英語学習のお役に立てば幸いです。

 

 

絶対やってはダメ!一番効果のない英語学習方法

 

様々な英語学習を試してきた私が、最も無駄だと思う英語学習の方法から紹介していきたいと思います。

 

これを避ければ、大幅に無駄な時間を過ごしてしまうことはないと思います。

 

 

聞き流し教材をかけっぱなしにする

 

巷には「聞くだけで英語が話せるようになる!」と言った類の怪しい教材が溢れています。

 

教材会社の使う論法は大体このような感じです。

「何故、アメリカ人の子供は英語が話せるのか?それは赤ちゃんの時から膨大なリスニングのインプットを行っているからである。」

 

「赤ちゃんは聞いている単語の意味が最初から分かっている訳では無い。しかし、何度も反復して聞いているうちに意味を体得していくのである。」

 

「だから、我々日本人もアメリカ人の赤ちゃんのように、聞きまくればいつか英語が話せるようになるはずだ。」

 

一見ロジカルにも聞こえるこの文言ですが、よくよく考えると、このロジックは破綻しています。

 

  • 赤ちゃんにとって言語習得は死活問題であり、最高優先順位で言語を体得しようとしている。
  • 赤ちゃんは聞くだけでなく、両親などが話しかけることでコミュニケーションを取っている。
  • 100歩譲って、赤ちゃんが聞いているだけで言語習得できたとして、それは「第一言語」だからである。第一言語と第二言語の習得のプロセスの違いは科学的に証明されている。

 

第二言語習得理論については、下記記事にてまとめありますので、是非併せてお読み下さい。

 

【第二言語習得理論とは?】英語を第二言語として習得する科学的な方法についてわかりやすく解説する!

続きを見る

 

断言しますが、「聞いているだけで英語が話せるようになる教材」など、この世に存在しません。

 

では、何故巷には、こういった詐欺まがいの商材が溢れているのでしょうか?

 

それは「楽して英語を習得したい」と言う人間の甘えた心理につけ込んで、商売したいと言う輩が後を立たないからです。

 

人間は弱い生き物で、どうしても楽な方に逃げたくなると言う習性があります。

 

英語学習も例外ではなく、「辛いより、楽して英語を話せるようになりたい」と言う思いが必ずあります。

 

「聞くだけで英語が話せるようになる」と言うセールスアピールをしている広告は、そう言う心理につけ込んだ「商売」ですので、無視をしてください。

 

映画で英語力を鍛えようとする

 

よく洋画を見ることで英語力を鍛えようとする人がいますが、英語学習を行う上で得策とは思えません。

それは何故か?

 

答えは簡単で、使われている英語が難しすぎるからです。

 

一口に洋画と言っても様々なジャンルや内容がありますが、大体において洋画で使われる単語や表現は難しすぎます。

 

考えてみれば当然で、洋画はエンターテイメント用に作られており、教育用目的には作られていないからです。

 

洋画を趣味として見る分には全く否定をしませんが、英語学習としての洋画鑑賞は難易度が高すぎます。

 

恐らくTOEICで900点程度のリスニング力のホルダーでも、日本語字幕無しでは半分も理解できないでしょう。

 

強いて言うのであれば、英語の字幕をつけることで会話の内容を明らかにすることができ、一定レベル以上の人にとっては有益でしょう。しかし、それでもハイレベルと言えます。

 

 

TOEIC(トーイック)対策だけの勉強をする

 

※ここでのTOEIC(トーイック)はリスニングとリーディングのことを指します。

 

日本人、特にビジネスパーソンの主な英語学習の方法として、TOEIC(トーイック)の受験勉強が最もメジャーなものだと思いますが、TOEIC(トーイック)でハイスコアをとる勉強をしたからと言って、果たして英会話の上達に繋がるでしょうか?

 

残念ながら答えは「ノー」です。

 

リスニングとリーディングのスキルをどれほど鍛えようとも、スピーキングの能力は然るべきトレーニングを行わないと向上しません。

 

勿論、学習の過程で単語力はアップするとは思いますが、それはあくまでも目視で文字認識するための「リーディングの単語力」であってスピーキングのそれではありません。

 

スピーキングの「発声する単語力」は別途体得する必要があるのです。

 

お勧めの英語学習方法!特に効果的であったものを紹介します!

それでは、私が実際に取り組んだお勧めの英語の学習方法を順次紹介をしていきます。

全てに共通して言えることですが、英語学習において一番大切なことは「目的を決めて学習すること」です。

ふわっと「英語を話せるようになりたい!」と思っていても、英語は一向に話せるようになりませんが、「英検準1級」の二次試験に合格したい!と思ってスピーキングの学習をすると一気にスピーキング力が上がります。

 

英語学習においてバクっとした目標しか持たないことは、非効率な勉強に繋がってしまうよ!

 

では、私が実際にやって良かったなと思う「お勧めの英会話上達の勉強方法」を紹介します。

 

英検準1級の受験勉強をする

意外に思われた方が多いかも知れませんが、実は英会話を習得する上で、英検の受験はかなり効果的だと思っています。

理由はシンプルで、試験内容がリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングと4項目あり、「英語でのコミュニケーション」が試験範囲に入っているからです。

私は社会人なってから英検準1級を受験、合格したのですが、ここでの学習経験が英語でのコミュニケーション能力の基礎になっていると感じています。

様々なジャンルの単語を覚えますし、ビジネスを始め、社会で起きていることを英語で理解しようと思った際、かなり役に立つ英語力を体得することができます。

 

英検準1級に関しては、こちらの記事でまとめていますので、是非お目通しください。

 

英検準1級はどんな試験?合格者の私が難易度や対策を含めて解説する!

続きを見る

 

TOEIC(トーイック)のリスニングの音声スクリプトをオーバーラッピングする

先ほど、TOEIC(トーイック)の勉強をするだけでは英会話力は向上しないと言いましたが、リスニングセクションのスクリプトを読み、音声を聴きながらオーバーラッピングすることは、英会話力向上に大きく繋がると思っています。

元々私はこの勉強方法をリスニング対策のために始めたのですが、沢山音声を読み上げたことで、結果としてものすごく多くの英語のフレーズ、特にビジネスシーンで使えるものを体得することができました。

また、オーバーラッピングをすることで、英文の正しい発音を体得することにも成功したと思っています。

日本の英語教育は発音にウェイトを置いていないので、意識していない人が多いと思うのですが、英語の音は単語同士の組み合わせによって音声が変化します。

 

例えば"It's about one-hour" は単語レベルだと「イッツ」、「アバウト」、「ワンアワー」だけど、合体すると「イッラバウトワナワ」と言う音に近くなるよ!日本語にはない概念だから、最初難しいと思うけど、慣れると面白く感じるよ!

 

NHK WORLD JAPANを活用する

最後に、スマートフォンなどで無料で見ることのできるNHK WORLD-JAPANのアプリを使うことをお勧めします。

このサービスではNHKの報道内容を英語で見ることができます。

これはニュースなどで使用されるオフィシャルな英語表現を体得するための学習方法ですが、敢えて日本のメディアを選択する理由は「英語が分からないのか」、「そもそものニュースが難しくて理解できないのか」をクリアにするためです。

日本に関するニュースは、日本語のメディアに触れていれば、内容は理解しているので、「英語の学習」へフォーカスできます。

一方海外メディアだと、そもそものニュースの前提が分からないことが多いので、英語の課題を発見しづらくなってしまいます。

 

英会話力を体得したい場合は、それ以外の労力を極力軽減する努力もした方が効果的だよ!加えてニュースも馴染みがあるものを集中して聞いた方が勉強していて楽しいしね!

 

まとめ

今回はどうやったら英語が話せるようになるのかを、「しない方がいい学習方法」「した方がいい学習方法」を筆者の主観ベースでまとめましたが、如何でしたか?

今回の内容をまとめると、以下のようになります。

 

本日のまとめ

  • 「聞くだけ」の英語教材で英会話力が上がることはないので、決して信じてはいけない。
  • 映画で英会話力を向上させるのは最初は効果的ではない。
  • TOEIC(トーイック)の一般的なスコアアップの勉強だけをすることは英会話力の向上には繋がらない。
  • 英検の学習は英会話力の向上に比較的有益なので、検討すべき。
  • ニュースを英語で見るときは日本のメディアが英語で報道しているものを視聴することを勧める。!

 

英会話力の習得は、我々日本人の永遠の課題であると同時に、周りに圧倒的に差をつけることができる素晴らしい資産になります。

いつ始めても遅すぎると言うことはありませんので、思い立った日に開始することを強くお勧めします!

筆者も継続して学習中ですので、お互いがんばりましょう!

おわりに

30歳を超えてから独学で英会話を身につけた記者と、現在社会人をしながら英語学習を継続中の記者、2人の視点から見た英語スクールを

  • 結果のコミットメント
  • 講師やカウンセラーの質
  • 学習メソッド
  • 価格
  • 通いやすさ

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-英会話上達のコツ

© 2021 エイゴデ Powered by AFFINGER5