その他英語スクール

英会話スクールの日米英語学院はどんな所?料金や特徴も踏まえ徹底解説!

日米英語学院 英会話スクール ビジネス英語

皆様は英会話スクールに通ったことはありますでしょうか。

私は子供の頃に少しだけ行ったことがあります。

といっても勉強しに行く場所、というより

外国人の先生と遊ぶ場所…と行ったほうが近いですね。

 

私は、英語が最初にそこで苦手になりました。

外国人の先生に日本語が通じないんですよね。

子供ながらに言語の壁を感じた瞬間でした。

そこから30代で一念発起し、英語を勉強しました。

最初は英語にアレルギーがありましたが、

徐々に自分で勉強法を見つけ、克服しました。

 

今では、苦手だった英語が武器になり、

海外との業務を行うときにとても役立っています。

「英語に物怖じしない」は何よりも大切ですよね。

小さい頃に自分と合う英会話教室に通ってれば・・・と今でも思っています。

 

社会人に人気の英語コーチングとは?その魅力と効果、高額なコーチング式英語スクールに通うメリットデメリットや相場料金を解説。

続きを見る

 

【徹底比較】英語を学ぶのに評判の英会話スクールをランキング形式で紹介!おすすめの英会話教室はどれ?

続きを見る

 

今回は、日米英語学院について紹介していきたいと思います。

 

日米英語学院 ー総合英会話スクールー

 

総合英会話スクールと言うのは私の呼称であり、

メインの英会話の他に、

・学校・受験英語(小~大学生)

・留学英語(大学生~社会人)

・ビジネス英語(社会人~)

以上の3つを総括しているスクールです。

 

各セクションについては後で述べます。

つまり、小学生~社会人まで

ワンストップでサービスを提供している英語スクールです。

 

学習塾・予備校と英会話スクールをハイブリッドさせたともいえます。

 

日米英語学院の最大の特徴 個人別カリキュラム

特徴といえば英語力に裏打ちされた個人別カリキュラムです。

これにより、下記の6要素(L・P・S・V・EX・GR)を

必要なレベルから被りなく学習できます。

ご入学時のレベルチェックの際に、英語力を「聞き取り」「発音」「話し方」「語彙力」「表現力」「文法力」の6つの要素に分け、現在の英語力を細かく診断。その診断結果とあなたの目標、ご希望のクラス内容、レッスン形態、期間などをもとに、あなただけの学習プラン「個人別カリキュラム」を作成します。 ※抜粋

例を挙げてみます。

※僅かな時期だけの帰国子女(社会人):発音◎ 聞き取り◎ 語彙力◯

表現力△ 文法力☓

彼・彼女の場合は、文法力を重点的に上げ、並行して表現力や語彙力を高めるのが最適解だと考えます。

TOEICでいえば、リスニングが450~480取れるのに、リーディングが300前後といった「書き言葉が苦手な帰国子女」といったポジションでしょうか。

こういう人には、リスニング・発音トレーニングは

ほとんど必要ありません。(目標にもよります)

 

社内公募の大学院留学も問題ないでしょう。

つまり、苦手なところを重点的に学習できます。

 

また、3ヶ月毎に上達度チェックがあり、クラスの受講回数、
受講期間も自由に自分でアレンジできます。
忙しい社会人にはうってつけですね。

コース一覧(抜粋)

なんといっても、上述したとおり、

受験英語~資格英語~ビジネス英語を総なめしているところが

最大の強みと言えるでしょう。

 

英会話コース 日常会話・旅行英会話・ディスカッション
ビジネス英語コース 電話対応・メール・ミーティング
留学コース 語学留学・大学・高校留学など
英検コース 1級・準1級対応 面接・ライティング
TOEICテストコース スコア別・就職・転職
TOEFLテストコース 大学院留学・ビジネススクール留学
学生別英語学習コース 小学生~大学生など(受験・補習・英会話・資格)

 

他にもGMATコース・IELTSコースも色々とありますが抜粋しています。

英語の総合商社ともいえるくらいのラインナップですね。

 

受講生の気になる実績を紹介します。

・英検1級取得:32%(3人に1人)

・英検準1級取得:34%

・TOEIC200点以上UP:15%

・TOEFL iBT20点以上UP :19%

 

特に、英検1級・準1級の受講生の取得率が30%超えなのは

驚きです。

英検準1級でも、TOEICで換算すると730点以上

大学の入試レベルでいうと旧センター試験9割クラスの大学に

進学できる英語力です。

 

小学生から在籍する受講生がいることを鑑みると、

レベルの高さが伺えます。

 

校舎案内 オンラインで通える?

 

はい。オンライン英会話コースが存在します。

英会話・資格・受験コースをオンラインで受講可能です

関東エリア

・新宿 ・渋谷 ・池袋 ・横浜

 

関西エリア

・京都四条 ・神戸三宮 ・兵庫川西

・梅田 ・なんば ・天王寺

 

いずれも徒歩3分以内で着くことの出来る好立地です。

もちろん土日も営業しております。

 

レッスン形態は?

 

1クラス3ヶ月間の少人数レッスンが中心。

目的別、レベル別、内容別に70種類以上のクラスがあり、

必要に応じて組み合わせて受講することができます。

 

ベーシッククラス

英文法・発音練習・単語力・リスニングの強化など。

英語の土台となる部分を扱います。

 

セレクトクラス

ビジネス・留学・海外旅行など、目的別に英語を学べます。

初心者向け~上級者向けと揃っています。

 

資格クラス

英検・TOEIC・TOEFL・IELTSなど、それぞれの級別・スコア別

クラスに加え、セクション別・パート別クラスで、総合的な対策を取ることができます。

 

レッスンについて

 

グループレッスン

3ヶ月間12回

1回55分間のレッスンになります。

平均3~4人の少人数レッスンです。

2回まで欠席分の振替が可能。

 

プライベートレッスン

マンツーマンのレッスンです。自由予約制です。

1回40分。講師を独占できます。

短期集中・試験対策、プレゼン準備といった様々な内容に対し、

自分のペースで受講することが可能。

 

講師の採用基準は?

 

講師の質はバッチリです。以下、HPより引用。

日本人講師は、英検1級、TOEIC(R)テスト900点以上、TOEFL iBT 100以上のレベルを採用条件にしています。

外国人講師は、TESL取得者や講師経験の有無が大事なポイントとなります。また、外国人講師の場合はエッセイの提出、

日本人の場合は筆記テストを実施し、合格者のみと個別に面接を行い、講師経験と適性を見た上で採用しています。

 

公立学校は勿論、学習塾のなんちゃって英語の先生より

遥かに高レベルな方々が揃っています。

学習塾の英語はピンキリです。授業料が妙に安いところは要注意。

 

子供のいる方は、しっかりと入塾させる校舎の先生のレベルを

見極めた上、入れるようにしましょう。

 

 

気になる授業料は? 様々です

 

ここでは、TOEICやビジネス英語といった、社会人英語に特化して

値段を抜粋します。詳しくはHPを参照のこと。

大まかに見ても、コストパフォーマンスに優れていると言えます。

セクション別・パート別・スコア別に細かくクラスが分かれていることを考慮すると、必要なことを学べるので、無駄な投資が少なそうです。

 

・TOEICテスト短期プラン例

合計12回 授業料 88,000円(税込)

レッスン

形態

選択できるクラス 回数 受講期間
グループレッスン
  • Pre TOEIC® L&Rテスト対策
  • TOEIC® L&Rテスト650点対策
  • TOEIC® L&Rテスト730点対策
  • TOEIC® L&Rテスト860点対策
  • 資格対策ボキャブラリー(1・2)
  • 資格対策文法(1・2)
  • TOEIC®テストリスニング(1・2)
  • TOEIC®テストリーディング(1・2)
12回 週1回3ヶ月

 

・TOEICテストベーシックプラン

授業料 クラス形態(レッスン数) 受講期間
217,800円(税込) グループレッスン3クラス(36回) 週1回9ヶ月 または

週3回3ヶ月

 

・ビジネス英語プラン例

グループレッスン2クラスと、

フリー英会話クラスを組み合わせたプラン。

授業料 クラス形態(レッスン数) 受講期間
176,000円(税込) グループレッスン2クラス(24回)

+T.A.P.クラス(20回)

週1回1年 または

週2回6ヶ月

 

 

気になる口コミは? 良い口コミを中心に紹介。

 

総じて、レッスン内容は良し、料金面については、

学んだ人の効果次第なので、左右に振れることが多かったです。

 

私は主に良い口コミを紹介していきます。

理由としては、良い口コミのほうが建設的な

意見が多いという持論からです。

仮に「良い口コミ」が自分の理想と違うものが多かったら、

それが選定の材料になるからだと思っています。

 

講師について

日本人講師1クラス、外国人講師2クラスを受けましたが、どの先生も熱心に教えてくれました。

日本人の講師は“何がわからないのか”をちゃんとわかってくれていて、的確に教えてくれたので、わかった後の充実感はすごくありました。

外国人講師は今まであまりこういう教室に通ったことがなかったので、比較はできませんが、テンポよく会話を進めてくれたり、場を盛り上げてくれたりと、飽きさせない工夫を色々としてくれていました

 

レッスン内容

クラスは基本的に10人以下なので、欠席者や元々の登録者が少ないと、通常の料金のクラスなのに、先生とマンツーマン、

あるいは生徒2人に先生1人という理想的な環境になることも少なくなかった

質問や普段の勉強の悩み等を話し、有意義なアドバイスや先生方の過去の経験談などを教えて頂き、非常に参考になった。
自由に使えるリスニング教材や、希望すれば無料で英検の過去問なども自習することができ、「この学校を利用し尽くす」という本人の強い意志があれば、色々得られる場だと思う。

これはどこのスクールに通っても同じ事だが、「何かを教えてほしい」「ここに通って英語のレベルを上げてほしい」という受け身な発想では、なかなかレベルアップは難しいと思う。

総合コメント

半年から一年の間で短期集中、または中期集中で目標を達成させる、そのためには本人の英語力と目標に即した個々人ごとに違うカリキュラムが必要、という明確なビジョンのもとに運営されていると感じました。

グループ or マンツーマン、Native or 日本人を自由に組み合わせることができるのも、モチベーション管理には役立つと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

コース内容を見る限り、

・スクール内容があらゆる点で充実している

・オンラインで受講可能

・短期間/中~長期間と受講を分けられる

・授業区分が細かい

・ネイティブ講師付き

・講師は全員がバリバリのプロ(なんちゃってではない)

といった様々で、「流石」という感想を受けました。

 

また、関東圏・関西圏に住んでいる学生持ちの子供なら、

親子で通学も可能なコースだと言えますね。

 

英会話コースは色々ありますが、本記事をきっかけに

英語との接点が増えてくれたら幸いです。

 

おわりに

30歳を超えてから独学で英会話を身につけた記者と、現在社会人をしながら英語学習を継続中の記者、2人の視点から見た英語スクールを

  • 結果のコミットメント
  • 講師やカウンセラーの質
  • 学習メソッド
  • 価格
  • 通いやすさ

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-その他英語スクール

© 2021 エイゴデ Powered by AFFINGER5