オンライン英会話

キャンブリー(Cambly)とは!?料金や評判、口コミや使い方も含めて徹底解説する!

グローバル化が叫ばれて久しい世の中ですが、皆様はオンライン英会話サービスを利用されたことはありますか?

レアジョブを始め、今では安価にネイティブ˙スピーカーと繋がることができる時代になりましたね。

こう言ったご時世でもありますし、家にいながら英会話を学べることは、英語学習されたい方にとってはとても有難い状況ではないでしょうか。

一方で、様々なオンライン英会話サービスが台頭しすぎていて、どこのサービスを選べばいいか分からないと言う声もまた、聞こえてきます。

そんな中、筆者も現在受講中のライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)をはじめとする英語スクールで、メソッドの一環として取り入れられているオンライン英会話サービス、キャンブリー(Cambly)がすごく使いやすいと話題になっています!

そのため、本日はオンライン英会話サービスキャンブリー(Cambly)についてまとめていこうと思います。

受講中のライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)に関する記事はこちら

 

english study 勉強
【英会話】英語の勉強には順番がある。本気で成果を出すためのステップを紹介。【TOEIC】

続きを見る

 

キャンブリー(CAMBLY)とは

まずはキャンブリー(Cambly)とはどのような会社なのでしょうか?

キャンブリーはアメリカで2013年に創業された外資系企業です。

サービス形態としては、日本企業で言うところの「レアジョブ」や「DMM英会話」と同じオンライン英会話サービスになります。

以下企業概要です。

  • 会社名:キャンブリー(Cambly)
  • 本社:サンフランシスコ(米国)
  • 設立年:2013年(→意外と昔からあるサービスで驚きました。)
  • レッスン形式:マンツーマンオンライン英会話サービス
  • 月額:2,074円〜(プランによって変動)
  • レッスン時間:15、30、60、120分
  • 特徴:レッスン録画が可能

前述の通り、筆者も現在ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)で英会話コースを受講中なのですが、ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)でもカリキュラムに週5日、1回30分のオンライン英会話を組み込んでいます。

※当然、キャンブリー(Cambly)の費用も込み込みでライザップイングリッシュの授業料金は設定されていますので、ご安心下さい。

 

現在まさにキャンブリー(Cambly)をサービスを受けているので、自身の感想も含めてご説明できればと思います!

 

キャンブリー(Cambly)の使い方は?実際の画面を見ながら使い方を確認する!

アカウントを作ってログインする

それでは、早速実際の画面をみて確認して見ましょう!

まずは実際のホームサイトです。こちらで初めての方はアカウントを「登録する」から作成します。

既にアカウントをお持ちの方はログイン画面からログインします。

ここまではどのオンラインサービスでもあるアカウントの作成プロセスですね。

しかしながら一度ログインすると待機されている講師の数に圧倒されます。

 

先生を選択する

日本時間の平日の昼間にログインして、オンライン中の講師を確認してもかなりいることが分かります。

※因みに写真は一部の講師を抜粋しただけで全てではありません。実際はこの倍以上待機しています。

しかもよく見てもらうと分かるのですが、英語を母国語とする様々な国出身方がいらっしゃいますし、性別や年齢も多様なため、幅広いニーズに対応できるような講師陣になっています。

また、プロフィールを読むと、過去に英語のトレーナーとして活躍された実績を持っている講師も多く、安心して講義を受けることができるようになっています。

また、講師が多すぎる時は下記の選択ボタンで自分のニーズにあった講師を絞るが出来ます。

 

 

レッスンを開始する

最後にいい講師が見つかったら、下記の「電話する」のボタンをクリックして会話を開始して下さい。

 

 

 

前述の通り、レッスン時間:15、30、60、120分の長さで選ぶことができます。

※最初に自分が今回のコミュニケーションで体得したい趣旨や目的を講師に伝えるとスムーズのコミュニケーションに作ることができます。

また、こちらの意向を無視して一方的に話し続けるような講師は一方的に切断していいことになっていますので、自分はあくまでもお客さんであると安心してサービスを受けていいです。

レッスン終了後

レッスンが終わると程なくして、講師からお礼のメールが来ます。

また、講師のパフォーマンスをこちらが5段階で評価できるようになっていますので、是非積極的に評価してみて下さい。

評価が低い講師は上の方に表示されないようになっているようです。

 

キャンブリー(Cambly)の実際の口コミ・評判は!?

私としては非常に満足しているキャンブリー(Cambly)ですが、実際に使用された他の方はどのように思われているのか、いい評判、悪い評判合わせて複数の口コミサイトを確認して纏めて見ましたよ!

 

キャンブリー(Cambly)のいい口コミと評判は!?

キャンブリー(Cambly)には以下のような評判が主に見らされました。

 

30代男性

キャンブリー(Cambly)ではnativeの先生との会話を24時間いつでも受講することができ、仕事で受講時間が不規則になってしまっている私にとっては大変嬉しいです。

料金プランもその時の自分にあうようにカスタマイズすることができ、必要に応じて、追加レッスンの購入も可能です。

また、動画を録画することもできるので、余計なメモを取る必要がないため、レッスン時間に無駄がありません。

様々な先生がいらっしゃるので、初心者から上級者まで、様々なニーズに応じて対応してくれるサービスだと思います!

 

30代女性

先生がどの国出身で、どのようなバックグラウンドがあるのか詳細が書いてあるので、強化したい国の先生を選ぶことが出来ます。

※年齢や性別の記載は米国では違法になるようで、その情報は分かりませんが、写真で判断することはできます。

何より嬉しいのが、会話を簡単に録画できるので復習がとても簡単なことです。

今でも初期の頃の自分の英語の下手さを聞いて初心に戻るために使っています笑。

時差の関係もあるからか、アジア圏に住んでいるネイティブの先生がオンラインになっていることが多いのも特徴です。

この値段でマンツーマンで会話が出来るのはコストパフォーマンスの観点からも絶対にお勧めです。

先生はみんなとても優しくて忍耐強い人ばかりで、どんな下手な英語でも忍耐強く聞いてくれます。

 

40代女性

1年コースでまとめて購入すれば他社の同じようなサービスに比べて、かなり安く授業を受けることができます。

先生は様々なバックグランドを持った方がいらっしゃいますが、他社のように決まった先生が毎回教えてくれる訳でなく、毎回時間の合った先生を選ぶ形になります。

ですが、気の合う先生が見つかれば、再度日程を合わせて英会話レッスンの時間を設定することもできます。

私は旅行が好きなのですが、同じく旅行好きで、世界中を旅しながら講師をされている方と仲良くなり、毎回その先生とレッスンを行っていました。

英語もそうですが、今いる国の話などが聞けてとても楽しみにしていました。

教材に関しては、一応オリジナルの教材もあるそうなのですが、あまり浸透している訳ではなさそうで、存在をご存知でない先生も実際多かったです。

自分で何を次のレッスンで話そうかと考えたり、ニュースを持って来たりできる人にピッタリの英会話サービスだと思います。

 

キャンブリー(Cambly)の悪い口コミと評判は!?

キャンブリー(Cambly)のいい側面はご理解頂けたと思いますので、次はキャンブリー(Cambly)の悪い評判と口コミをまとめてましたので、確認していきましょう。

 

20代男性

うまく利用すれば確実に英語のスキルアップに繋がるとは思います。

ただ難しいのは、明確な目的意識を持たないで、漠然と会話をしていても、知っているフレーズをただ繰り返し続けるだけなので、結果的に現状維持に留まり、成長しなくなってしまうと思います。

誰かと何か、最初に明確な目標を握り、進捗を管理して英語力の上達のプロセスを追わなければ、「ただ英語を話しただけ状態」になってしまうと思います。

 

30代女性

教材も一応はありますが、決まった学習カリキュラムは存在しないので、自分で1から作り上げないといけないと言う大変さはあります。

レッスン毎に自分がその時課題に感じているポイントを強化できるという側面もありますが、余程意思が強くないと、結局なんのために英会話レッスンを行ったのか、よく分からなくなってしまいます。

そう言った意味で言うと、かなり上級者向けの英会話サービスと言えるかも知れませんね。

 

20代女性

ネットワークの状態があまりよくなくて、レッスンの妨げになることがあります。

特にカフェやホテルのWi-Fi等回線が弱いと、時々途切れるのことが理ますので改善して欲しいです。

その他のサービスについては大変満足しているので、唯一の不満です。

 

以上のようなコメントがよくない口コミとして、多く見受けられました。

但し、最後の回線が切れやすいという投稿は確認した限り、全て2018年以前の投稿でしたので、恐らく現在は改善されたのだと思います。

 

そうすると、やはりポイントは「自分で目標設定と学習進捗管理が出来ない人」には向いていない、ってことかな?

 

キャンブリー(Cambly)はなぜライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)のプログラムに使用されているのか?

前述の通り、筆者は現在ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)を受講中なのですが、ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)の英会話コースには1日30分キャンブリー(Cambly)によるネイティブスピーカーとの会話がプログラムにデフォルトで組み込まれています。

※ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)では「実践トレーニング」と呼んでいます。その名の示す通り、普段の学習をインプットとするなら、実際にネイティブ相手にどのレベルまで通じるようになったかを確認するアウトプットの機会だからでしょう。

また、ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)のプログラムの特徴として、キャンブリー(Cambly)を使った「実践トレーニング」、では必ず予め用意した特定のテーマに対して会話するように、かつレッスンのフィードバックを最後にもらうに指示されます。

また、普段から暗記している英会話フレーズをうまくレッスン中に盛り込めるようにともアドバイスされます。

これをネイティブ講師と3回繰り返して、ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)のトレーナーとのレッスン内で成果を確認する流れになっています。

何をお伝えしたいかと言うと、先ほどキャンブリー(Cambly)の弱点として、「自分で目標設定と学習進捗管理が出来ない人」には向いていない点を挙げましたが、ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)とのカリキュラムと組み合わせることにより、キャンブリー(Cambly)の弱点を補完できるなと言うことです。

英語は、インプットフェーズでは日本人が苦手とするポイントが分かる日本人トレーナーに教えて貰うのがいいと思いますが、ネイティブスピーカーとの対話を日常的に行うことも必要不可欠です。

そう言った意味で、学習の進捗管理と学習メソッドを持つライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)とキャンブリー(Cambly)、は高いシナジー効果があると思います!

 

まとめ

如何でしょうか?

今回は英会話オンラインサービスのキャンブリー(Cambly)について解説させて頂きました。

キャンブリー(Cambly)には大まかに言って以下の特徴がある英会話サービスと言えます。

  • 安価にカジュアルに受けられるオンライン英会話サービス。
  • 様々な国籍の方が講師として登録しているため、様々な国の英語に対応できる。
  • 一回15分から120分まで幅広い時間でレッスンを行える。
  • 意識してレッスンに臨まないと、「ただ英語をはなしただけ」になってしまう。
  • 自分で学習進捗と状況を管理したり、勉強する明確なゴールを設定出来ない人には向いていない。
  • ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)はカリキュラムにキャンブリー(Cambly)に組み込んでいる。

 

今後も皆様の英語力上達に役立ちそうな内容を記事にして行きますので、お楽しみに!

 

おわりに

30歳を超えてから独学で英会話を身につけた記者と、現在社会人をしながら英語学習を継続中の記者、2人の視点から見た英語スクールを

  • 結果のコミットメント
  • 講師やカウンセラーの質
  • 学習メソッド
  • 価格
  • 通いやすさ

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-オンライン英会話

© 2021 エイゴデ Powered by AFFINGER5